今年は、再びSTART TODAYするチャンスなんだ。そして人生はENDLESS TRIP!諦めたら、終わり。諦めずに生き続けたら、いいことあるぜ!


by ts-kj
カレンダー

ROCK IN JAPAN FES.2006 8/4 レポ ☆後編☆

今頃、最終日の真っ只中ですね。
永チャンかー。1度見てみたかったな。

ってことで8/4後編。
自分ほとんどGRASSにいたので、レポはGRASSのみ。

e0038738_16281791.jpg

とゆーかウルフルズは既に始まっている!!!
ダーツゲーム後ダッシュでGRASSへ向かう。

行ったら、すっごーく盛り上がってた!!!
ちょうどサムライソウルやってて、周りにいたヤツらもいっせいにGRASSへ走ってた。
やっぱりアツイよ、トータス松本!
衣装の尻の部分がハートにくりぬかれてるし!半ケツだ。。。
今年のロッキンのGRASSの最初で、最高に盛り上げてました。

やっぱこの人、声量があって、歌うまいねー。
そして人を惹きつける人間力を持っている。笑顔や言葉でそれを表現する。
男らしい男って感じもあるし。関西人のサッパリ感あるしなぁ。
ウルフルズは知ってる曲も多いし、オーディエンスも乗りに乗ってました。
自分らはスタンディングの後方だったんだけど、一緒に歌いましたよ。
最後はやっぱり"いい女"で締めた!
もーーーー、ハンパなく感動。この曲大好きだから。
お金より、見た目より、車より、心意気!ですよ。
かなり感動的でした。
最後、トータスだけ去り、ウルフルケースケが叫ぶ。

「みんな、トータスに会いたいかぁ~~~?」

「おぉぉぉおおおぉぉう!」

「トータス!トータス!トータス!」

お決まりですね。
最後はトータスが尻を引っ張られるように現れる。
しかも今回は半ケツですから。ちょい笑いも起きてた。
そして「おーれーをーこまーらーせーる いーーーいおーーんなぁ~~~~!」
という感じで無事オープニングアクトは終了。
何も言うことはなし!スッキリ!
ナイスなスタート!今年は去年以上に最高の1日になることを確信!

次はDJ OZMA。
ご存知だとは思いますが、氣志團ヴォーカルのあの人のソロプロジェクト(?)ですね。

時間的に昼すぎだったので、自分達はハングリーフィールドに行って
ご飯を食べることに。
きっとここで食べないと昼ご飯のタイミングを逃しそうだったので。
カツカレーと牛串とサイコロステーキ。って肉ばっかり。もたれる。。。
でもめっちゃうまかった。外で食べると更に美味しさが増すような気もした。

で、DJ OZMAが始まる。持ち歌が少ないのが致命的な気もしたけど、頑張ってましたよ。
「君達も不安かもしれないけど、自分が1番不安だぜぇ~!」
「このあとどうなるのかどうかオレにもわかりませぇ~ん!」
「なんだか最初のときに比べてお客さん半分くらいになってないかぁ~い?」
などなど、MCがおもろかった(ニュアンス違うかもだけどたしかこんな口調でした)。
ご飯食べながら聴いてたからちゃんとは見てないけど、
GRASSでやるにはまだ力不足だったのでは・・・とも少し感じつつ遠目で聴いてました。

さて、ここから2連戦。
まずはKREVA。そしてそしてm-flo。
どちらも去年観れなかった因縁のアーティスト!
今年はバッチリ見てやる!と意気込んでDJ OZMA後すぐ突入しました。
場所取りせずに挑むのがts-kj流。
それでも、そこそこ前に行けました。

e0038738_1629774.jpg

でも写真は撮る(笑)
ルール違反?アーティストは写ってないからいいよね?
とか思いつつパチリ。
これはKREVAのLive前なんだけど、ツレと一緒なのに会話もかわさず、ひたすら待つ。

そしてついにKREVAが颯爽と登場!
2人の子分MCを連れてくる。
やった曲は・・・いつも忘れるので覚えてるものだけ。
まず"国民的行事"だったっけ。
あと新曲"Have a nice day!"とカップリングの"今夜はブギー・バック"。
これってスチャダラパーのカバーだっけ。
んでSONOMIが出てきて"ひとりじゃないのよ"と"涙止まれよ"。
盟友Mummy-Dも出てきて"ファンキーグラマラス"。
おーーーかっこえぇーーーーもうハンパないっす!
子分MCとのコール&レスポンスもあったな。
"スタート"もやった。"音色"も・・・やったっけ?ちょい自信なし。
"いいと思う"もみんなで熱唱。
最後は"イッサイガッサイ"で締めました。
あんた、かっこいいよ。。。オレも認めるよ。って、オレに認められてもね。
去年観れなかった悔しさを取り返しました!!!

さてさて終了後、そのままm-floを観るために居残る。
そしてさらに前方へ向かう!結果・・・めちゃ近い場所を確保しました!

e0038738_16473142.jpg

なんだこの距離は!
GRASS史上過去最大に接近!
そうか、この距離で観たけりゃ場所取りしてしまうわな。。。
ふむふむ。とか思いつつ今度はツレとずーっと喋りまくり。

基本的に、LiveとLiveの間はチューニングをする(専用のスタッフで)のだけど、
m-floのチューニング時にはDJ TAKU本人がやってました。
しかも浴衣!やっぱりマルイの浴衣ですかね。
早くも盛り上がり気味です。

そしてきました!m-flo登場!!!
山本領平こと"Ryohei"も登場!!!予想通り!
てかこのアンちゃんマッチョだねぇ。
タンクトップの上から分厚い大胸筋炸裂!すげぇ!
山本領平といえばもう1人忘れてはいけないあのアーティストが!
"miss you"でお馴染みの、今年はワンマンLiveにも行った、あの人。。。

日之内絵美登場~!

なに~~~???

melody.は来ないの???うそーん!

そうです、来ませんでした。が、あまり関係ない!
日之内絵美と山本領平で"miss you"やったけど、全然良かった!
てかこのコ、ちっちゃいねー。。。なんか、小悪魔みたいだった。歌はもちろんうまい。

TERIYAKI BOYZの"HeartBreaker"をやったり、
RIP SLYMEの"楽園ベイベー"をやったり、
いろんなものがMIXされたすげぇステージでした。

そして最後のほうにさしかかり、スペシャルゲスト登場!
それは・・・MINMIチャン!
きっっっっっったぁーーー!

最近かなり気になるアーティスト、MINMIチャン。
チャンとか言いつつ自分より年上なんだけどさ。
GREENの水着で登場です。かっこいーーー!
7月末にリリースされた"inside-WORKS BEST II"にも収録されている
"Lotta Love"をやってくれた。
実はこの曲、ここ最近の通勤時にずーーーっと聴いてたから、めっちゃ嬉しかった。
生で聴けるじゃん!って。そしてタオル!回す準備オッケイ!

重厚感のあるパワフルなヴォーカルと共に振り回される無数のタオル!
そしてジャンプ!ジャンプ!でもちょっと飛びすぎて頭痛くなる(笑)
それくらい激しいステージでした。
1曲だけだけど、すごいエネルギーを放って去っていきました。

最後は、"Summer Time Love"。
全てのエネルギーを使い切り、m-floを最高に楽しみました。
ホント、かっこ良かった。。。

って、使い切る???
すいません、間違えました。
まだまだエネルギーは有り余っていました。
本日の自分的大トリのあいつらがまだいるじゃん!!!

というわけで、一旦テントに戻り水分補給。
ちなみに次は平井堅。ロックなのに?
まぁそんなんはどうでもいいんです。楽しければ。
KREVAもm-floもROCKじゃないしね(^^;)

平井堅は遠くから観てました。
歌、うますぎる。綺麗な声してるよね。

でも自分はこのとき「みなと屋」にいました(笑)
エネルギー充填!ということで。
つぶ串とたこ串をGET。おやつですね。
めーちゃめちゃうまかった。

どうでもいいけど、"串"っていう漢字を考えた人!
あまりにも単純すぎるよ・・・。

さぁ、平井堅も最後の曲。
そろそろ行くぞ、ts-kj。
終わったらダッシュだ!!!

そうして終了即ダッシュで辿り着いた場所が、ココ。

e0038738_1728531.jpg

簡単に描いてみた。青はスクリーン、緑はスタッフゾーン、水色がスタンディングゾーン。
ココ、ってとこに陣取る。仕切りの柵のまん前だね。
ほぼ中央で、すっげー観やすい場所をGETりました。

めっちゃドキドキしたね~。ここは完全に観れるぞ、って。
なんか、過去にもない異様な胸騒ぎが止まらない。
今日はすげーステージになるぞ、という感触がする。

チューニングがやたら長い。
長く感じただけかもだけど、かなり細かくやってたように感じた。
まだか、まだか、まだか。。。


NEXT ARTIST.......Dragon Ash!!!


Dragon Ash登場~~!!!!
kjは上下とも深紅の衣装!派手だなおいぃ!
そしてオーラがすごいっす!くるぞくるぞくるぞー!


"Los Lobos"


どか~~~~~ん。
自分、爆発した(笑)
すごいことになっている!!!
モッシュ!そしてダイブしてるやつもいる!キケン!
でも、この空気はもう誰にも止められない!!!
場所取りしてるおとなしそうな"くるりファン"の方々、すんません!
大変な戦場になってしまいました。
ダイブはダメです。が、場所取りもダメだから、お互い様か。

自分はモッシュもダイブももちろんせずに、ずっと叫ぶように歌った。
ジャンプして、歌って、自分を盛り上げる。そしてそれを観たkjも激上がり。
増幅!増幅!その繰り返し。どんどん熱は上がる。
すげーぞ今日のDAは!!!

次は、"Crush the window"だったかな。
これまた自分の大好きな曲。未だにずーっと聴いてるし。自分的名曲。
これまた叫びまくりで、ガンガン行く!

その次はたしか"Just I'll say"!
懐かしい!こういう曲をやると昔からのファンは上がる上がる!
自分も深紅のkjをずーっと観つつ上がりまくる。
指にはIvory購入時に貰ったフィンガーバンド!
百合の紋章入り。kjに見えるように時々高く掲げてみたり。
ま、見えてはいないだろうけど。途中でどっか吹っ飛びそうな感じがして外した(^^;)

ここから順番がうろ覚えになっちゃうんだけど、
UZI-ONEが登場して"Palmas Rock"。
UZI-ONEも熱い!ガンガンに盛り上げる。
この1曲のためにわざわざひたちなかに来たんだろうね。
こっちまで熱くなる。これまた熱唱!

あと、新曲をやった。
「熱い曲を作ってきました!」というMCと共にスタート。
いい感じ。もちろん初めて聴いたけど、サビでoioi叫んだ。

なんだか、このへんで気付いた。
自分の周辺の人達が、オレの叫びを聴いて後追いで叫んでる。
え、オレ、この辺のリーダーっぽくない?この周辺仕切ってる?
気のせいかな。明らかにオレについてきてる感じがした。

"Ivory"ももちろんやった。
この日のために覚えてったんだから。
オーォーオーーオォォォー♪
これもくるね。まったくもってしっとりしません。
下がりません。落ち着く暇がありません。
キラーチューン連続!なんなんだ今日は!!!

HIDEと136が登場して、"Resound"。
ちょっと休ませ・・・なんてまったく思いません!!!
まだまだこい!いくらでも叫んで跳んでやる。
そんな気持ちで駆け抜ける。

で、"Life goes on"。
ようやく落ち着けたような気がした。
でも、体は激しいモノを求めているようで。
ここでも熱唱!いや、ずーっと熱唱し続けてる。。。

アイニ登場!"Loca Burnin"。
Liveで聴くのは初めて。
去年のZepp Tokyoのときもやらなかったし(たしか)。
武田真治は来なかったけど、コレも良かった。

一体感がすごいんだよね。この日は。
異様な盛り上がりだった。
今まで観たLiveの中でも1番すごかったと言える。

kjのMC(ちょっとオレの脚色も入ってるかも)。

「ルールを守って何もできなくなっちゃうようなヤツがいっぱいいるんだよ!
ダイブしたかったらダイブしろ!」
ダイブを誘うkj。おっとー。
自分は飛ばなかったし、飛ぶつもりもなかったけど。
んー、これはもう、自己管理ですね!
実際跳んでもスタッフは何も言わないし、何もしない。
Dragon Ashは去年もダイブを誘うMCがあった。
お互い、自分の思う通りにやったらいいのかな、と思う。
ルールを破りたいなら、破ればいいし、
それで後悔したなら次からはやらなきゃいいし、
kjがいいと言ったからやったという程度の幼稚な考えしかないヤツは、
それはそれでしょうがないし。そういうヤツには成長はないからね。
自分が主役。だからこそ自分で考えて行動。それ以上のことは自分は言いません!

そして始まった"Fantasista"!
「みんな知ってる曲だと思うから、みんなで歌ってくれ!」
もちろん、歌う。そして叫ぶ。ジャンプ!

「腹の底から声上げろーーーーーーーーー!」

これまたすごかった。。。
この曲以上に盛り上がる曲なんて今後出てくんの?
っていうくらいの勢いで、叫びまくった。
ここまでの気持ちになったのも、自分的にはありえない。
言葉にできないね。

この日のkj、かなり感極まってた。
「フェススタッフ、少数のお客さん、そして自分達だけが唯一の皆勤賞です!」
「ミクスチャーバンドとしてこういうロックフェスに出させてもらえて、光栄に思うんだ!」
「尊敬するアーティストがフェスに出なくなってしまったり、
やらなくなってしまったりという事があるんだけど、
自分は継続することに意味があると思っていて・・・
だから俺たちはこれからもずっと続けていきます!」

何か言うたび、大きな歓声が上がるんだ。
そこにはもちろん自分の声も。
kj、泣いてたね。

尊敬するあの人にディスられて、
完膚なきまで落ち込んで、
Shadeみたいな方向へ行こうとして。
悩んで悩んで、そして、復活した。
音も力強くなって、リリックも洗練されて。

今のDAは最高にカッコイイね。
なんだか自分が、このバンドが活動している今に生きてて、幸せだなーと思った。

そんなkjを観て、自分も半泣き状態。
え、え、えぇ~~~。
まさか。自分でも泣くと思ってなかった。

そして最後が、"Viva la revolution"。
全員で、「Viva!Viva!la revolution!」って叫ぶんだよね。
なんか、最初のほうは涙混じりであまり声になってなかったんだけど、
「ここで声が潰れてもいいや!」って思って、
喉ガラガラになりながら、叫んだ。

ここに立ってる意義が欲しかった
だから僕ら必死で戦った
勝ち取った 小さなプライド ポケットに詰め込んで・・・

最後まで「Viva!Viva!la revolution!」は続いた。
なんだか、今までで最高と言える伝説のステージだったように感じました。
男の子は人前で泣かないというのが自分の信条だったのに・・・
あっさり崩れる(笑)




Dragon Ash 最高!!!
いいステージをありがとう!!!




正真正銘、ここで力尽きました。
前日寝てないしね。完全にKO。
今のLiveで、心の中の触れちゃいけない部分をえぐられた感じもあって。
くるりは、観られません。BGMにしました。

で、とりあえずふらふらな足で1人みなと屋へ。

e0038738_190772.jpg

ハム汁とハム焼きをGET。
ちょ、ちょ、ちょーーー美味かった。
ハム焼き最高!食べ物はみなと屋が1番美味いね!
ちょっと体力回復。

テントに戻り、上半身裸になって、大の字で寝る。
体中拭いて、デオドラントスプレーして、くるりを聴く。
なんか、幻想的な感じがした。

くるりの岸田さんだっけ?
この人の奥さんが、ツレと同じ職場で仕事していたので、
ツレはかなり親近感があったらしい。
「風邪気味で喉がガラガラで悔しい!」と言ってたよ。

くるりの最後の曲が終わった。
アンコールはなし。


そして花火が上がる!!!


今年始めて見る花火。
綺麗だったなぁ。
裸のまま思わずテントを飛び出したよ。

というわけで、このままPM9:30くらいまで余韻を楽しみつつ、
後片付けをして、自分達の最高の夏は終わりました。
最後に写真をいくつかUPしまーす。


グッズ売り場。

e0038738_19101231.jpg

ソニーエリクソンDJブース。

e0038738_19113278.jpg

終演後のGRASS STAGE。

e0038738_1912301.jpg

さようなら、ひたちなか。。。
さようなら、ROCK IN JAPAN FES.2006!

e0038738_19131125.jpg

ホント、いい夏でした。
2007年も、絶対参戦します!

というわけでレポ、完!
長文でしたが、読んでくれてありがとうございました。
[PR]
by ts-kj | 2006-08-06 19:15