今年は、再びSTART TODAYするチャンスなんだ。そして人生はENDLESS TRIP!諦めたら、終わり。諦めずに生き続けたら、いいことあるぜ!


by ts-kj
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

11/4 Ken Yokoyama Third Time's A Charm Tour Final in 横浜 BAY HALL

行ってきました。
今年行ったいろんなライブの中でも、
1番楽しみだったと言っても過言ではない、
Ken Yokoyamaのツアーファイナルですよ。

Kenくんのライブは今年3回目だけど、ツアーは初めてで。
いつもチケット取れなかった。
まぁ今回も取れなかったんだけど(^^;)
譲ってもらえて良かった。

今回は横浜で、たぶん遅くなるな~と思ったのと、
会場が駅からけっこう歩くということで、車で参戦。
夕方5時くらいに着いて、近くのコインパークに停めたら
隣に停めてた車に人がいて、よく見たらKenの芭蕉T(白)着てた。
お~同志発見。自分も芭蕉T(黒)。いよいよだ!ってな感じでテンション上がる。
とりあえず開場まで車の中でロッキンとラブシャのDVD見て過ごす。

んでいよいよ開場。
300番台だったのだけど、入ってすぐにロッカー確保し、
物販を覗いてみる。ツアーTがある。。。よし、並ぶか!

と、最後尾を探したら、ロッカーのある所からホールの中まで
ずら~~~~~~っと、並んでた。ちょい、げんなり。
でもまだ50分くらいあるし、最初UPPERだけど
あんまり好きじゃないし(笑)、観られなくてもいいや!
と思って並んでみた。
でもTシャツだけだったし、意外に早く進んだかな。
戦利品はこれ。ファイナル限定色の紫↓

e0038738_22191625.jpg

対バンのUPPERは、今年のPIZZAイチオシのバンド。
SET YOU FREEで1回だけ観たんだけど、ピンとこず。
攻撃的、渋い、ちょいダーク、ゴリゴリのメロコア。
とりあえず後ろで大人観のつもりでいた。

そしたら、RAZORS EDGE登場。
うそーん!聞いてないぞ。
「健さんのツアーファイナルと聞いて、応援しに来ました~!」
そしてモッシュが始まった・・・

やばい。出遅れた。
前へ行きたい。柵の後ろにいたのだけど、人がいっぱい居て前へ行けない。
しかし、1曲、2曲と進むにつれて前へ前へ。
そしてようやく柵の前まで来た。
柵に足をかけると、後ろの人が背中を押してくれ、
ようやくモッシュピットへ降り立つ事に成功!
ケンジレイザーズ曰く「健さんが嫉妬するサークルモッシュ」に、
思いっきり突っ込んできました。

RAZORS EDGEも今年2回目だったのだけど、
(MySpaceのとき間に合っていれば3回目だったのに・・・)
めっちゃイイね。スラッシュもだんだん好きになってきた。

んで次はUPPERだけど、そのままモッシュピットに。
PIZZA KIDSが大変な事になってたね。
どっかんどっかん、この激しさはPIZZAの中でもかなりのモンだと思う。
Kenくん、HAWAIIANにも匹敵する。かも?

そしていよいよKen Yokoyama。
物凄い数の人がどどどどっと流れ込んできて、ギュウギュウ。
もう、完全に圧殺ですよ。
後ろに鉄製の柵があったのだけど、物凄い力で押され、
柵に腰あたりがめり込んだ。
後で見たら、真っ直ぐに切れてた(笑)
しかもこの後もガッシガシ押され続け、腰がヤバイ事になりました。

セトリ?そんなもん知りませぬ(^^;)
覚えてないんス。20曲くらいはやったんじゃないかなぁーと思う。
"Third Time's A Charm"はほぼ全部やったような気がする。

それにしても、自分の上をビュンビュン飛んでいくダイバー、おもろかったなぁ。
それは危険やろ!っていう飛び方するやついるからね。
肩を借りて飛ぶのはまだ優しいけど、バーの上から大ジャンプして飛ぶのは
下にいる俺らもちょっと怖いわ(笑)
まぁそれも含めて自己責任なんだけどさ。

しっかし、密集度がハンパなかったな。
キャパ1000くらいって聞いてたんだけど、そんな大きくもないし、
柵の外と中で段差があるんだけど、みんな中に入ってしまうと
オモシロイ事になります。西武池袋線も埼京線も目じゃないよ。
狭ければ狭いほど、非日常度が増す。

そうそう、例のハイスタリクエストの話はアンコールで起きた。
Kenくんが「リクエストある?」って言ったとき
誰かが「SUMMER OF LOVE!」って叫んで、
Kenくんが軽くイントロを弾いたっていうやつ。
まぁもう事実以外何も書く気はないんですけど、
そのとき圧倒的に多かったのは、HUSKING BEEの"WALK"。

たしかに自分も"WALK"は聴きたかった。
MySpaceのとき「覚えてない!」と言ってやらなかったからね。
SWEET LOVE SHOWERで遂にやった!と聞いて、
これはこのツアーでも絶対にやるな~、何が何でも取るしかない!
と思わせた、決定的な名曲です。

もちろんガン上がりしたんだけどね。
SUMMER OF LOVEが無ければもっと良かったのに(笑)

このへんでグイグイ前で踊ってた自分に異変が起きる。
次の曲、なんだったか忘れたけど、心臓に異変が起きた。

まさか!またきたか!

WPWだ。

自分、WPW症候群っていう、心臓の先天性の障害?を持っているんです。
ごくごくたまーになのだけど、動悸が急激に激しくなるんです。
普段の生活でも、ほんーと、たまに出る程度。
半年に1回、いや年に1回あるかないかなんだけど、
出るとめっちゃ疲れるんです。クラクラする。

で、たぶんこれの発症を誘発するものがあると思うんですよ。
前回出たのは、ROCK IN JAPAN FES.2007で
同じKen Yokoyamaのライブ中だった。
困ったもんです。

後ろにツカツカと下がる。
突然退場する自分をKIDS達がヘンな目で見てる(^^;)
心配してくれてたのかもしれないけどね。
心臓近くをポンポンとグーで叩き、回復を待つ。
座ると、立った時に必ず立ちくらみするから、
近くの壁にもたれかかりつつね。立ったままで。
早い時は数分で回復するときもあるんだけど、
なかなか回復せず。
ちょうど曲は"Can't take my eyes off of you"。
まさに、前回ひたちなかで発症したときのアノ曲だ。
最後は"Believer"。ここでアンコール終了。
Ken Yokoyamaの最後は、最後方で終わった。
ライブ後のピック&ステッカー投げがあったけど、到底貰える場所にいなかった。
なんだかめっちゃ悲しくて、悔しかった。チキショウ!

で、アンコール終了後、ステージの撤収がなかなか始まらない。
そうだった、アンコール後にアコギのライブがあるかもしれないんだった。

今回のツアー、他の会場のライブレポを見ると、
アンコール後しばらくしてからKenくんがアコギ持ってきて、
Wアンコール(アコギでのライブ)をやった所がけっこうあったみたい。
見たい!しかも今なら人もだいぶはけて、最前列近くまで行けるぞ。


心臓の調子は戻らないまま、前へ前へ。


そして、Kenくん再登場!!!


サージも来た!


コリンも現れた!


ガンちゃんもいるぞ!


「あと1曲だけやって帰りまーす!」


"My Day"


殺す気かーーーーー(笑)
予想外のWアンコールに人がまたドドドドーっと戻ってきて
ほぼ最前のこの位置はまたも地獄絵図となる。
自分、足があんまり動かないんス。
でもこれは、最後に退場してしまい不完全燃焼だった自分への
Kenくんからのプレゼントなのかもしれない。
そう思い、この1曲を楽しんだ。

足の動かない自分を見つけたPIZZA KIDSは、
「いい発射台見つけたぜぇ~!」と言わんばかりに
肩に手を置いて「上げてくれ!」のポーズ。
しょうがねぇ!って感じで持ち上げてやると、
立て続きにもう1人やってきてまた肩に手。
いけーーーーー!って思いつつまた持ち上げて送ってあげる。

心臓の事も忘れ、後ろを見て「コイコイコイ!」と言いながら
ダイバーを呼び込む自分。

PIZZA KIDSオモロイわ~。あいつらアホやろ(笑)
お前らだったらいくらでも持ち上げてやるわ。

よっしゃーーー!完全燃焼できた!
結局動悸はなかなかおさまりゃしないけど、
最後の最後に大逆転したった。

そしてこの後、やっぱりアコギを待ってみた。
ステージ上は片付けのような、セッティングのような、あやふやな状況。
そして隣にいた見ず知らずのアンちゃんが話し掛けてきた。

アンちゃん:「これって、片してるんですか?」
ts-kj:「いやいや、これからアコギのライブがたぶんあるんだよ。」
アンちゃん:「え?それっていつもやってるんですか?」
ts-kj:「やってるところとやってないところがあるらしいよ。」
アンちゃん:「そうなんですか!?やりますかね?」
ts-kj:「ん~、たぶんやるんじゃないかなぁ。」
アンちゃん:「絶対やりますよね!」

めっちゃテンションの上がるアンちゃん。
みんな元気だなー。実はもうけっこういい時間なんだけどね。
そうして、Kenくんはアコギを持って、やってきた。

"Somewhere Over The Rainbow"

ステージ右奥で、曲に合わせてトラのぬいぐるみを動かすPIZZAスタッフ。
それを見てちょっと微笑む、大人しくなったKIDS。
なんか、すげー感動してしまった。ちょいうるっときた。
歳をとったなぁ、自分。

"Father's Arms"

大人しく聴いてるときは記憶も残ってるね(^^;)
今度は詞もある。Kenお父さん、力強く歌ってた。
これまた感動した。楓太くんは幸せモノだ。

"ハマショー"

誰だかよく知らないのだけど、ハマショーが登場。
実はステージ右奥にずっとスタンバってるのが見えてたので、
既に自分は最初の時点でちょっと笑ってしまってたのだけど、
いよいよ出てきた。Kenくんとの掛け合いの後、

「Very Best Of PIZZA OF DEATHに惜しくも漏れてしまった、
あの曲をやります!」

Kenくん大爆笑。自分は掛け合いのときから終始笑ってました。
浜田省吾詳しくないので曲は何なのかはわからないのだけど、
すぐにKenくんに蹴飛ばされ、退場。

最後に"Longing(A Quiet Time)"。

めっちゃ良かった。。。
今年最高のライブじゃない?と思った。
って、いつも言ってる気もするけど(笑)

帰り、物販にケンジレイザーズがいて、タオルを買おうか迷った。
Kenくんのライブ行く時って、タオルを何にしようか迷うんだよね。
ロッキンタオルでもいいんだけど、KEMURIタオルはちょっと違うかなぁ、
とか悩んだ挙句、この日はlocofrankタオルで参戦したのだけど。
なんとなーく、HAWAIIANタオルが多いような気もするけど。

そんなわけで、時刻は23:00近く。
終電乗り過ごした人もちらほらいたらしい。

ま、身体の異変で退場したのは残念だったけど、最後まで楽しめた。
やっぱりKenくんは最高だった。
好きな音楽を思う存分楽しめるという事は、本当に幸せだ。
特に身体に異変が起きた事で、それを強く思ったな。

何があっても、ライブはやめないんで。
全く懲りませんよ、俺は(笑)
Liveは生きるって意味もあるしね。
今週はdustboxだ!待っとけよ~渋谷AX!!!
[PR]
by ts-kj | 2007-11-12 00:47 | Ken Yokoyama