今年は、再びSTART TODAYするチャンスなんだ。そして人生はENDLESS TRIP!諦めたら、終わり。諦めずに生き続けたら、いいことあるぜ!


by ts-kj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Ken Yokoyama( 38 )

行ってきました、激アツなあの人のライブに・・・


Ken Yokoyama "Going South Tour" FINAL!!!


新しくなった赤坂BLITZで、新生KEN BANDを観よう!!!
って事で、2月3月のいろんなライブレポをすっ飛ばして
昨日の健さんのライブレポを速報気味に書いてみようと思います。

e0038738_18193974.jpg

なんで先行も一般もハズレたのにチケットあんの?
という話は置いといて・・・ぬふふ。

まずはじゃぁ、赤坂BLITZについて書きます。
2008年3月に、リニューアルオープンしました。
そのこけら落としはKREVAがやったらしいのだけど、
オープニングシリーズと銘打って、いろんなアーティストが出ています。
で、その1人が、Ken Yokoyama。
もちろん、"Going South Tour"のFINALでもあるんだけど。

一歩建物に入ると、まず新築の匂いがした(笑)
できたばっかり!ってのがすぐわかる綺麗さ。
床とかピッカピカだったし。

コインロッカーは、中にたーーーくさんあります。
HPによると、630個だって。多いな~。
キャパも1147人だから、2人で1個使っても余るね。
これから行かれる方も、ロッカーについては安心していいと思いますよ。

ホールですが、天井が高いな~~~と感じた。
最近狭いハコばっかり行ってたもんで
余計に感じたのかもしれないけれど、
んー、なんていうか、熱が上空に逃げていく感じです。

あと、真ん中にバーがあったな。
自分あのバー、嫌いです。。。
ダイブに使われるし(バーダイブは勢い良く飛んでくるのでちと痛いっす)、
あとは何よりスペースを区切ってしまうので
バーの内側に人がどんどん入ってきて、
ありえないくらい密集度が増すんですよ・・・
将棋倒し防止なんだろうけど、やっぱり好きじゃな~い。

ま、そんな事は言いつつも、赤坂BLITZ、そんな悪くはないです。
んー、クラブチッタ川崎に似たイメージかな!

さぁ次は物販(Tシャツ)。武道館の教訓は生かされたのか???
という事で今回は、1人1回1枚までという制限付きでした。
後ろのほうまで並んでる人達にも行き渡らせたい、って事なんだろうな。
ただし、1度買ってももう1回並べば、また買えます。
これはスタッフがアナウンスしてたから、問題無い行為。

今回、整理番号がとっても良かったので、物販はあっさり買えた。
訳あって2枚欲しかったので、2回並んだのだけど、
それでも開場後15分くらいで2枚ともGETできました。
アイテムがTシャツのみ(色も白とベージュの2種類のみ)だったからか、
回転めちゃめちゃ早かったな~。

e0038738_18223144.jpg

対バンは、NO HITTER。
札幌のバンドだそうで、自分は全く聴いた事無かったんだけど
なっかなか激しくて、いい感じのパンクバンド。
途中、大量のうまい棒をばら撒きます(今日は500本だったそうな)。
んでヴォーカルくんが「ムカツクヤツに投げつけろ!!!」と言うと
一斉にステージに向かってみんな投げ始めます(笑)
お前ら投げたいだけやろーーー!自分も投げたかったけど(^^;)
面白かった。でも、音楽的にはハマりそうな感じでは無かったかな。

さぁ次は健さん。
おなじみの風太くんのぬいぐるみと虎のぬいぐるみがセットされ、
いつものSEで登場。。。南さんを引き連れて!!!

健さんは「一夜限り暴動」のときのBODOTシャツ、
サージはMySpaceシークレットショーのTシャツ、
ガンちゃんは見てなかったので不明。
そして南さんは、グレーの無地のTシャツにキャップで登場。

ちなみに自分は武道館ピンクTにKEMURIタオルでした。

この日は、元KEMURIのメンバーが全員来てたそうです。
(南さんがMCのとき言ってました。)
途中、客席にいた津田さんが南さんに何かを叫んでいたり。
それ以外のメンバーは目撃しなかったのだけど、
なんだかKEMURIって、解散後も今日みたいに普通にみんな集まってるし、
仲良しっていうか、運命共同体っていうか、いい雰囲気ですよね。

南さんのギターがKEN BANDとどう融合するのだろう???
と期待して南さん側で観てたのだけど、
いやーーー、違和感ゼロでした。最初の曲から馴染んでた。
何の問題も無いね!って思ったモン。
まだまだ演奏できる曲数も少ないのだろうけれど、
どんどん覚えてリクエストに応えられるくらいになってほしい!
南さんの加入で、KEN BANDはもう1段パワーアップする気がします。

そんな南さんは健さんに話し掛けるとき、敬語になってしまう。
健さんは「ライブ中は敬語禁止!!!」と言ってたけど、
南さんはまだ慣れないのか、ちょくちょく敬語でお話。
「・・・なんですよ。あ、~なんだよ。」なんて言い直してた。
なんか人柄が出てるよね。健さんのほうが年上なんだって。
「先輩への言葉遣いで、昔よく津田さんに怒られたんで・・・。」
みたいな言い訳してた(笑)

あとね、この日は健さんがめちゃめちゃシビれた事をした。
どこかのMCのとき、2階席にパンク親子がいて、
1歳か2歳くらいのお子さんが「ぎゃ~」と可愛く鳴いたの。
みんな一斉に見たら、そのこ可愛い帽子を被ってて。
んでみんなでまたoioi言ってたら、その子帽子を1階に落としちゃった。

下にいたKIDSが、すぐさま2階に投げ返して、パパがキャッチ。
みんなで「おぉ~~~!」と拍手。

そしてすぐさま健さんが、

「おいお前、このピックやるよ!」

ヒュルルルル~~~~~。

手に持ってたピックを手裏剣のように飛ばし、KIDSが受け取った。
これ、マジでカッコ良かった~。
同じ子を持つ親として、健さんも嬉しかったんだろうな。

新曲"Going South"もやった。
チャカチャカとスカっぽさが入った曲。
南さん加入スペシャルですね。音源になるのかな。

健さん、南さんに対して、「あのー、、、やめないでね!」
・・・って健さん!Colinクビにしたの自分でしょーが(笑)
と心の中でツッコミを入れてみたり。
いや、ホント、南さんは辞めないでください。

南さん喋ってーーー!とKIDSに言われ、
「この中でKEMURIって何?って人どのくらいいる?」と質問したり。
そんなにいなかったけどね。そりゃ知ってるでしょ。
KEMURITシャツの人もちょくちょく見かけたし。
あと、"Ato-Ichinen"やって!とも言われたけど、
健さん、「その曲、名前しか知らないし、
やってもお金入ってこないからやんない(笑)」だって(^^;)

KEMURIの曲は、KEN BANDではやらないでほしいな。
HUSKING BEEとか洋楽のカバーとは、また色合いが違うっていうか。
元メンバーもいるんだし、KEN BANDではKEMURIカラーはなるべく出さないほうがイイ。

とまぁ、そんなこんなで密度の濃い~ぃライブでした。
アンコールが終わり、今や恒例となったアコギアンコールへ。
この日のライブ始まる前から、ステージ横で
アコギのチューニングしてたの見えたから、
間違いなくやるだろうな~とは思ってたわけで。

1人で出てきた健さん。いつになく真剣な顔。
にやけ面の貴公子"健様"はどこへやら。

って、いつも真剣なんだろうけど、ちょっといつもと雰囲気が違ったのよ。

「今日は時間があまり無いんだけど、どうしてもやりたい事があるんだ。」

そう言って、チベットの事について話し始めた。
今現在、チベットで何が起きていて、誰が良くて誰が悪いのかは
わからないし、むやみに中国を批判する気も無い。
でも、事実について、歌いたい。

健さんはハイスタ時代の1999年、
第4回チベタン・フリーダム・コンサート(東京)に参加しています。
ダライ・ラマ14世とも接見した事もあり(本人談)、
チベットについては以前から色々と考えを持っているんです。

"Handsome Johnny"の曲に乗せて、今チベットで起きている事実を歌った。
タイトルは、「ダライ・ラマ14世の握力はすごかった」

歌詞は、これだけ。

「中国のクソ兵隊が、チベットの僧侶の頭を銃で撃ち抜いている。」

この事実をどう捉えるかは自分達次第で、
良いも悪いも自分で判断してくれ、
という、健さんからのメッセージでした。
俺の言ってる事が正しいと思えば、みんなに伝えてほしいし、
そう思わなければ今すぐここから立ち去っても構わない、と。

みなさんはどう思われますか?

自分なりに解釈したこのメッセージだけど、
これは、健さんは事実だけをメッセージにした事に意味がある気がする。
チベットという地域で、実際にはどういう事が原因で紛争なり衝突なりが
起きているのかを、自分で調べて考えて欲しい、という事だと思うのね。
そして、何の罪もないであろう人間に対し、危害を加えた事。
みなさんも、自分で調べて、自分で考えてみませんか?
別に、誰かに説明する必要もないし、考えるという事実が重要なのだ、
と自分は感じています。

健さんは、コラムでもそうだけど、いつもこういう考えるキッカケを
与えてくれます。音楽からちょっと離れた部分での人間っぽさが、
また健さんの魅力でもあり、かっこよさでもあるなぁと。
つくづく思うんですよ。だから好きなんだよなぁ。

さてさて続いては、"Longing"。
Apple Storeのアコギライブを思い出す。。。

そして最後は"Father's Arms"。
「俺は自分の家族が誰かに危害を加えられたら、絶対そいつを殺すね。」
と真顔で言った後、「なんだかさっきの話と矛盾してるけど(笑)」
と話す健さん。いーや、それでいいんじゃん。
それだけ家族を愛しているって事だし、全力で守ってるんだよ、
っていうのが伝わったし。前の話とは別でいいと思う。

「俺もそんな親父になるぞー!」と心で叫び、会場を後にしました。

5月か6月にも、また東京でライブやるそうです。
チケット取れるといいなー。SMASHだといいんだけど・・・

というわけで、久々にまともなライブレポ書いてみました。
この日も激アツだったモッシュピット!何回頭蹴られたんだ!!!
そして遂に靴が壊れたts-kj。次回、健VANS投入なるか!?

e0038738_18353945.jpg

[PR]
by ts-kj | 2008-04-05 18:36 | Ken Yokoyama

KEN YOKOYAMA "DEAD AT BUDOKAN"

何を今さら?(笑)

という事で、あの日の思い出を書こうと思います。

1月13日、"パンクロックマスター"Ken Yokoyama、
日本武道館に立つ!!!

e0038738_4534927.jpg

いやいや~、楽しかったよ、あの日は。
色々~と疲れたけれど、そんな疲れが全て吹っ飛ぶくらい、
思う存分楽しみました。
今となってはColin最後のステージ(KEN BANDとしては)
だったのだけど、良いライブでした。

ご存知の通り、物販は大混乱でした。
いや大混乱???ただただひたすら並んだだけか。

自分は午前9時頃に車で武道館に到着し、
駐車場のおっちゃんと横山健について語りつつ、
9時半頃から並び始めました。

結論から言うと、買えたのは午後3時半。
ちょうど、6時間かかった。
ライブは午後6時からなので全然間に合ったし
いろんな方から「ts-kjは勝ち組だよ!」と言われたけれど、
それでもあの寒さの中でカイロも無しに
PIZZAパーカー1枚で6時間も並んだのは、
正直きつかったなぁ。。。ホントあの日は寒かったもん。

e0038738_4574939.jpg

Tシャツは、武道館Tのピンク。
イエローにしようかなーと思ってたのだけど、
たしか、自分のときはもうイエローのMサイズが無かった。
でも、ピンクが1番発色も良かったし、イイ感じでした。
あとね、みんな長いこと並ばされた心理状況もあってか、
すーーーごい量のまとめ買いしてたなぁ。
そりゃ売り切れてしまうよ。。。

欲しかったKen YokoyamaパーカーMは売り切れ。
ん~、欲しかった。

あとはエコバッグをご購入。
そしてそして!!!

e0038738_504326.jpg

"KEN VANS"ですよ。
未だ1度しか履いてません(笑)

e0038738_513338.jpg

かかとに「健」。VANSもギターになってマス。

e0038738_53530.jpg

ベロにも「健」。こちらのVANSもギターデス。

e0038738_513025.jpg

マニアックですが、ベロの裏にも「KEN」。

e0038738_543558.jpg

中はメタル調"KEN YOKOYAMA"。

e0038738_55267.jpg

箱にもちゃんと「KEN」って書いてありました。

細かなディティール、Kenくんのこだわりだろうね。
買えて良かった。宝物にします。

ちなみにどうでもよいのですが、私が現在愛用中の"ts-kj VANS"はコチラ。

e0038738_57149.jpg

紐はピンク、綺麗に見えるけれど、実はボロボロ。
かかとはこんなんなっちゃってマス。

e0038738_59685.jpg

ところどころゴムも割れてる。

e0038738_510864.jpg

e0038738_5102440.jpg

約半年でこんなんなっちゃうし、やっぱりKEN VANS、履けなさそ・・・

そんなわけで!DEAD AT BUPPANだったのだけど、
その後のライブが最高だったので自分的には文句はなしです。
オフィシャル的屋もチラ見したのだけど、孫の手とか売ってた。

そしてライブ。自分はBブロックでした。ステージのドまん前。
ダイバーをキャッチするセキュリティが
全員ムキムキの黒人で、友達と爆笑してしまう。
完璧にキャッチしてくれるぞ~~~!って。
まぁ自分はダイブはしないけれど、
セキュリティも武道館クラスになると、こうなっちゃうのね。

シークレットゲストは、ブラフマン。
ブラフ、ALBUMを1枚持ってる程度で、実はそれほどハマらなくって
今まで1度もライブを観た事は無かった。

ブラフは、MC無しです。
強烈に激しい曲を次々と放り込んでくる、
かなーりエグい人達だった。
30分くらいだったけど、なかなかカッコ良かった!

そして次がKenくん。
自分はブロック最後方エリアに陣取り、
今か今かと走る準備。
そして1曲目の"Pressure"がかかったとき。。。


最前エリアへ激走~~~!!!


ついにDEAD AT BUDOKANが始まった!!!

MCになるととりあえず最後方へ下がって休み、
そして激しい曲で攻めてきたら最前エリアへダッシュ。
モッシュでもみくちゃになりつつ、ドッカンドッカン動く。

前々からKenくんも言ってるように、
消防法の関係で、ブロックに入れる人の数が
椅子を置ける数までと決まってたのね。
だからライブハウスのような密集した空間は無く、
ある程度余裕のあるスペースがいたるところにあった。
自分は密集してるほうが好きだけど、
でもスペースがあるだけにけっこう見やすくて、
こういう余裕のある空間もまたいいかなー、と思ったなぁ。
いい感じのサークルもできてたし。

んー。今考えてみたら、自分、Colinあんまり観てなかった(笑)
まぁブロックがKenくんのまん前のエリアだったのもあるけど、
脱退(クビ)になるような空気は全く感じなかった。
しいて言えば、その2日前の代官山UNITでのライブが
Kenくん空回りしてて、なーんか、いつもと違うかなぁ、
何か思う所があったのかなぁ・・・と、今思えばそう感じるくらい。
でもまぁ、それも結果論ですね。

で、続きだけど、アンコールは2回あった。
1回目は普通のアンコ、2回目はアコギでした。
代官山のときアコギを最前列で観たら、バーが邪魔で
最前は不利な事がわかったので、今回は2~3列目あたりに陣取って観て。

いやー、Kenくん、しびれたよ。
記憶に残る素晴らしいライブでした。

この日は知り合いが何人か観に来られてて、
もう少し時間に余裕があればお会いしてお話したかったのだけど、
時間がギリギリになってしまい、残念ながら会えずじまい。

でも、またライブハウスで再会しましょう!

最後に、問題になっている(なっていた)
例の件について、自分の思うところを記しておきます。
まずは、この日の物販について。

何を言っても結果論にしかならないけれど、
PIZZA側も客側も読みが甘かったのかなぁーと思いました。
ていうか、自分も読めなかったし。
朝9時に着いたけど、早いのか遅いのかも
実際に行列を見るまでわからなかったもんね。

あとは、割り込みが多かったなぁ。
まぁ、割り込みと言っていいのかどうかわからないけど、
実際に自分の後ろにいた2人組は、知らないうちに
6人組になってたもんね。
決して良い事ではないし、マナーだよね、これは。

あと気になったのは、物販が外だったため、誰にでも買えた事かなぁ。
武道館って、どのアーティストでも外で物販やるんだよね?
だからしょうがないっちゃー、しょうがないんだけど、
ただしライブを観ない人も、並べば買えた状態だったんだよね。
1番売れたと思われるTシャツもどのくらい数を用意してたのかはわからないけれど、
売り切れで買えなかった人もけっこういたとのことで、
自分としてはすっごく残念に思った。
並んだのに買えなかったって、それほど辛い事は無いよ。

チケットが無ければ買えない、とかにしたらどうだったでしょ?
物販のみ目当てで来られた方には申し訳ないけれど、
やっぱりライブTシャツって、そのライブで着て
汗と思い出でグチャグチャにしてナンボみたいなところもあるでしょ?(笑)
少なくともライブ観に来てる人には渡ってほしかった。すっごく残念。

PIZZAの通販で色違い(Tシャツ・パーカー)が買えるみたいです。
これでどのくらいの人が満足できるのかわからないけれど、
欲しい方はぜひぜひご覧アレ。

んで次に、Colinの件について。
2人のそれぞれの言い分を読んだ上で思うのは・・・
Kenくんのわがままなんだろーな、って事(笑)
陰でああ言っただの、いろんな人から聞いてるだの、
他人からの噂話や普段からの言動が募った上での"クビ"。
簡単に言えば、Colinの事が嫌いになってしまった、
キミとはもう合わないから、一方的で悪いが辞めてくれ!
って感じの事なんだと思いました。

でもね、そのわがままが"絶対に悪い"とは、自分は思ってない。
あくまでKEN BANDなんだし、嫌なヤツと一緒にやってても
いい曲もできないだろうし、いいライブもできないだろうし。

しょうがないとしか言えない。。。人間ですから。
自分はバンドはやった事ないから断言はできないんだけれど、
普通の会社で働くサラリーマンだったら、嫌な人とでも仕事しなきゃいけない事も
多々あるけれど、バンドって、そういう事が当てはまらないものなんだろうな。
感覚的なものが重要だもんね、クリエイティブな世界って。

ただね、KEN BANDはこれからも続くんですよ。
我々ファンは、今回起きている事実を受け入れた上で、
これからも応援するのか、それとももう応援しないのかを
能動的に選択する事ができるんです。

自分は最初から、応援するほうを選んだ。
南さんの加入は、期待が持てたから^^
今の所ライブには行けそうにないけれど、
きっと今までと同等、いや、それ以上にいいライブをやってくれるでしょ。

間違いなく、DOWNする事はないよね。
ハイスタ+KEMURIだよ?
それは違うか(^^;)

てなわけで。
KEN YOKOYAMA "DEAD AT BUDOKAN"のライブレポでした。

・・・いや、これはもう、ただの回想。。。
[PR]
by ts-kj | 2008-03-22 05:32 | Ken Yokoyama

ビックリニュース!!!

こんばんは。
気まぐれ更新ですいません。
しかもまだ武道館レポってない(笑)
まぁぼちぼちと・・・

そんな事よりビックリニュース!!!
なんと、Ken Yokoyama率いるKen Bandから、
ギターのColinが脱退する事が決まったと!

えーーー。
ビックリ!!!
Colinはもう1つバンドをやってるので(UKL)、
そっちに集中するってことなのかな。

そしてそしてビックリは続きます。
Colinの抜けたKen Bandの新しいギタリストとして、
南さん(元KEMURI)が加入すると!

シンジラレナ~イ(笑)

くわしくはこちらを。

このNew Ken Bandでツアーをやるそうです。
ツアーファイナルは4月4日、場所は3月にリニューアルオープンする赤坂BLITZ。
新宿、渋谷、赤坂・・・全部行きたいな。行けるかな。

それにしても、想像つかなくないですか?
南さんいつものチャカチャカギターでやるのかな。
すごいなコレ。ちょっと興奮したよ(笑)
KEMURIも大好きだから、めちゃめちゃ期待です。

プチニュースでした。
[PR]
by ts-kj | 2008-02-14 20:57 | Ken Yokoyama
DEAD AT BUDOKANも終わったというのに、
今さらながらKen@代官山UNITのライブレポを(笑)

この日のライブは、チケットをまたまた譲っていただいた。
なんだったかな、たしか「チケットが余ったので、相方募集!」
みたいな感じのものだったと思うのだけど、その書き込みをされた方に
「どうしても行きたいです!」ってメッセージを送ってみたら、
快く譲ってくれました~~~。新年早々運が良い!

というわけで、2008年最初のライブはKenくんかと思いきや、やっぱりKenくん!
代官山UNITと言えば、MySpaceシークレットショー以来。
あの日もめちゃめちゃ楽しかったなぁーなんて思い出しつつ、
階段を降りてロッカー&物販スペースへ。
がしかーし、Kenくんこの日は物販無し。
なので荷物を預けてそそくさとフロアへ。。。

この日の対バンは、MARS EURYTHMICS。
元HUSKING BEEのいっそんのバンド。
Kenくんといっそん。。。もしかしたら、もしかするな。
なーんて期待してしまうこの2人。例のあの曲です。
Ken Band演奏でいっそんいくか?
それとも奇跡のツインヴォーカルでいくか?
期待は膨らむばかりです。。。

MARSはロックバンドだけど、ちょいゆるめ。
ダイブもモッシュもほぼ無いんだよね。
なのでKenくんを観に来ているKIDSにしてみると
ちょっと物足りない感はあるのだけど、
でもいっそんの声はやっぱりエモくて、いい。
KIDSも聴き入ってるようでした。

そしてKenくん。
もう、何の曲から始まったかも記憶にない(笑)
ダメダメレポですんません(^^;)

この日のスペシャルその①
"DEAD AT BUDOKAN"初披露。

武道館でやる前に、やってくれた。
DEAD! DEAD! DEAD! DEAD! DEAD! DEAD! DEAD! DEAD!
上がる上がる。

この日のスペシャルその②
いっそん、"WALK"を歌う!

アンコールで、Kenくんが言う。
「今日のライブをスペシャルなものにしようや!いっそーーーん!」

いっそん登場。
やっぱりやるんだ。めちゃ嬉しい。
しかもここは代官山UNIT。
シークレットショーのとき、さわりだけやって
「覚えてないから!」って言って止めてしまったあの日。
そしてこの日、同じ場所で、Ken Bandの演奏で
いっそんが歌うことになるなんて。

実はこの日のKenくん&KIDSは、妙な空気だった。
Kenくんは何言ってもすべって(笑)、ヘンに空回りしてた。
途中「今日は今までで1番つまんないライブ・・・」
と言って自分の頬を叩いて見せたり、機嫌悪そ~な様子。
モッシュピットもいつもの激しさとは違い、ゆるい感じ。
横浜BAY HALLのときと比べると、断然ゆるかったなぁ。
さてはみんな、武道館に向けて力温存してるな???
なんて思ってみたり。

でも、このアンコール1発目のWALKで、一気に上がった!
ようやく盛り返したか!って感じで。
やっぱりWALKは名曲でした。
Ken Bandといっそんのコラボは今後もなかなか観られないと思うし、
これを観られただけでも、この日来れて良かったなーって思いました。
1度でいいからHUSKING BEEのライブに行きたかったなーと、
強く思ったなぁ。

あとは、Kenくんはこの日、小島よしおのモノマネにチャレンジ。
何かあると「うぃ~~~。」連発^^
「言っとくけど、武道館ではこんな事絶対やんないから!」

なんだかんだ言いつつ、この日も楽しかった。
空気はいつもと違ったけども、Kenくんは何も変わらない。
いつも通りのパンクロックマスターがそこにはいたわけです。

というわけで、ちょっとだけスペシャルな夜でした。
あさっては日本武道館。激アツのアリーナBブロック!
記憶が薄れる前に書こうと思います!

そういえば!
いっちゃんのシングル発売決定だそうです。
3/26発売、タイトルは"Got Lucky"。
市川さん、いよいよ本格始動???
[PR]
by ts-kj | 2008-01-27 03:15 | Ken Yokoyama
行ってきました。
今年行ったいろんなライブの中でも、
1番楽しみだったと言っても過言ではない、
Ken Yokoyamaのツアーファイナルですよ。

Kenくんのライブは今年3回目だけど、ツアーは初めてで。
いつもチケット取れなかった。
まぁ今回も取れなかったんだけど(^^;)
譲ってもらえて良かった。

今回は横浜で、たぶん遅くなるな~と思ったのと、
会場が駅からけっこう歩くということで、車で参戦。
夕方5時くらいに着いて、近くのコインパークに停めたら
隣に停めてた車に人がいて、よく見たらKenの芭蕉T(白)着てた。
お~同志発見。自分も芭蕉T(黒)。いよいよだ!ってな感じでテンション上がる。
とりあえず開場まで車の中でロッキンとラブシャのDVD見て過ごす。

んでいよいよ開場。
300番台だったのだけど、入ってすぐにロッカー確保し、
物販を覗いてみる。ツアーTがある。。。よし、並ぶか!

と、最後尾を探したら、ロッカーのある所からホールの中まで
ずら~~~~~~っと、並んでた。ちょい、げんなり。
でもまだ50分くらいあるし、最初UPPERだけど
あんまり好きじゃないし(笑)、観られなくてもいいや!
と思って並んでみた。
でもTシャツだけだったし、意外に早く進んだかな。
戦利品はこれ。ファイナル限定色の紫↓

e0038738_22191625.jpg

対バンのUPPERは、今年のPIZZAイチオシのバンド。
SET YOU FREEで1回だけ観たんだけど、ピンとこず。
攻撃的、渋い、ちょいダーク、ゴリゴリのメロコア。
とりあえず後ろで大人観のつもりでいた。

そしたら、RAZORS EDGE登場。
うそーん!聞いてないぞ。
「健さんのツアーファイナルと聞いて、応援しに来ました~!」
そしてモッシュが始まった・・・

やばい。出遅れた。
前へ行きたい。柵の後ろにいたのだけど、人がいっぱい居て前へ行けない。
しかし、1曲、2曲と進むにつれて前へ前へ。
そしてようやく柵の前まで来た。
柵に足をかけると、後ろの人が背中を押してくれ、
ようやくモッシュピットへ降り立つ事に成功!
ケンジレイザーズ曰く「健さんが嫉妬するサークルモッシュ」に、
思いっきり突っ込んできました。

RAZORS EDGEも今年2回目だったのだけど、
(MySpaceのとき間に合っていれば3回目だったのに・・・)
めっちゃイイね。スラッシュもだんだん好きになってきた。

んで次はUPPERだけど、そのままモッシュピットに。
PIZZA KIDSが大変な事になってたね。
どっかんどっかん、この激しさはPIZZAの中でもかなりのモンだと思う。
Kenくん、HAWAIIANにも匹敵する。かも?

そしていよいよKen Yokoyama。
物凄い数の人がどどどどっと流れ込んできて、ギュウギュウ。
もう、完全に圧殺ですよ。
後ろに鉄製の柵があったのだけど、物凄い力で押され、
柵に腰あたりがめり込んだ。
後で見たら、真っ直ぐに切れてた(笑)
しかもこの後もガッシガシ押され続け、腰がヤバイ事になりました。

セトリ?そんなもん知りませぬ(^^;)
覚えてないんス。20曲くらいはやったんじゃないかなぁーと思う。
"Third Time's A Charm"はほぼ全部やったような気がする。

それにしても、自分の上をビュンビュン飛んでいくダイバー、おもろかったなぁ。
それは危険やろ!っていう飛び方するやついるからね。
肩を借りて飛ぶのはまだ優しいけど、バーの上から大ジャンプして飛ぶのは
下にいる俺らもちょっと怖いわ(笑)
まぁそれも含めて自己責任なんだけどさ。

しっかし、密集度がハンパなかったな。
キャパ1000くらいって聞いてたんだけど、そんな大きくもないし、
柵の外と中で段差があるんだけど、みんな中に入ってしまうと
オモシロイ事になります。西武池袋線も埼京線も目じゃないよ。
狭ければ狭いほど、非日常度が増す。

そうそう、例のハイスタリクエストの話はアンコールで起きた。
Kenくんが「リクエストある?」って言ったとき
誰かが「SUMMER OF LOVE!」って叫んで、
Kenくんが軽くイントロを弾いたっていうやつ。
まぁもう事実以外何も書く気はないんですけど、
そのとき圧倒的に多かったのは、HUSKING BEEの"WALK"。

たしかに自分も"WALK"は聴きたかった。
MySpaceのとき「覚えてない!」と言ってやらなかったからね。
SWEET LOVE SHOWERで遂にやった!と聞いて、
これはこのツアーでも絶対にやるな~、何が何でも取るしかない!
と思わせた、決定的な名曲です。

もちろんガン上がりしたんだけどね。
SUMMER OF LOVEが無ければもっと良かったのに(笑)

このへんでグイグイ前で踊ってた自分に異変が起きる。
次の曲、なんだったか忘れたけど、心臓に異変が起きた。

まさか!またきたか!

WPWだ。

自分、WPW症候群っていう、心臓の先天性の障害?を持っているんです。
ごくごくたまーになのだけど、動悸が急激に激しくなるんです。
普段の生活でも、ほんーと、たまに出る程度。
半年に1回、いや年に1回あるかないかなんだけど、
出るとめっちゃ疲れるんです。クラクラする。

で、たぶんこれの発症を誘発するものがあると思うんですよ。
前回出たのは、ROCK IN JAPAN FES.2007で
同じKen Yokoyamaのライブ中だった。
困ったもんです。

後ろにツカツカと下がる。
突然退場する自分をKIDS達がヘンな目で見てる(^^;)
心配してくれてたのかもしれないけどね。
心臓近くをポンポンとグーで叩き、回復を待つ。
座ると、立った時に必ず立ちくらみするから、
近くの壁にもたれかかりつつね。立ったままで。
早い時は数分で回復するときもあるんだけど、
なかなか回復せず。
ちょうど曲は"Can't take my eyes off of you"。
まさに、前回ひたちなかで発症したときのアノ曲だ。
最後は"Believer"。ここでアンコール終了。
Ken Yokoyamaの最後は、最後方で終わった。
ライブ後のピック&ステッカー投げがあったけど、到底貰える場所にいなかった。
なんだかめっちゃ悲しくて、悔しかった。チキショウ!

で、アンコール終了後、ステージの撤収がなかなか始まらない。
そうだった、アンコール後にアコギのライブがあるかもしれないんだった。

今回のツアー、他の会場のライブレポを見ると、
アンコール後しばらくしてからKenくんがアコギ持ってきて、
Wアンコール(アコギでのライブ)をやった所がけっこうあったみたい。
見たい!しかも今なら人もだいぶはけて、最前列近くまで行けるぞ。


心臓の調子は戻らないまま、前へ前へ。


そして、Kenくん再登場!!!


サージも来た!


コリンも現れた!


ガンちゃんもいるぞ!


「あと1曲だけやって帰りまーす!」


"My Day"


殺す気かーーーーー(笑)
予想外のWアンコールに人がまたドドドドーっと戻ってきて
ほぼ最前のこの位置はまたも地獄絵図となる。
自分、足があんまり動かないんス。
でもこれは、最後に退場してしまい不完全燃焼だった自分への
Kenくんからのプレゼントなのかもしれない。
そう思い、この1曲を楽しんだ。

足の動かない自分を見つけたPIZZA KIDSは、
「いい発射台見つけたぜぇ~!」と言わんばかりに
肩に手を置いて「上げてくれ!」のポーズ。
しょうがねぇ!って感じで持ち上げてやると、
立て続きにもう1人やってきてまた肩に手。
いけーーーーー!って思いつつまた持ち上げて送ってあげる。

心臓の事も忘れ、後ろを見て「コイコイコイ!」と言いながら
ダイバーを呼び込む自分。

PIZZA KIDSオモロイわ~。あいつらアホやろ(笑)
お前らだったらいくらでも持ち上げてやるわ。

よっしゃーーー!完全燃焼できた!
結局動悸はなかなかおさまりゃしないけど、
最後の最後に大逆転したった。

そしてこの後、やっぱりアコギを待ってみた。
ステージ上は片付けのような、セッティングのような、あやふやな状況。
そして隣にいた見ず知らずのアンちゃんが話し掛けてきた。

アンちゃん:「これって、片してるんですか?」
ts-kj:「いやいや、これからアコギのライブがたぶんあるんだよ。」
アンちゃん:「え?それっていつもやってるんですか?」
ts-kj:「やってるところとやってないところがあるらしいよ。」
アンちゃん:「そうなんですか!?やりますかね?」
ts-kj:「ん~、たぶんやるんじゃないかなぁ。」
アンちゃん:「絶対やりますよね!」

めっちゃテンションの上がるアンちゃん。
みんな元気だなー。実はもうけっこういい時間なんだけどね。
そうして、Kenくんはアコギを持って、やってきた。

"Somewhere Over The Rainbow"

ステージ右奥で、曲に合わせてトラのぬいぐるみを動かすPIZZAスタッフ。
それを見てちょっと微笑む、大人しくなったKIDS。
なんか、すげー感動してしまった。ちょいうるっときた。
歳をとったなぁ、自分。

"Father's Arms"

大人しく聴いてるときは記憶も残ってるね(^^;)
今度は詞もある。Kenお父さん、力強く歌ってた。
これまた感動した。楓太くんは幸せモノだ。

"ハマショー"

誰だかよく知らないのだけど、ハマショーが登場。
実はステージ右奥にずっとスタンバってるのが見えてたので、
既に自分は最初の時点でちょっと笑ってしまってたのだけど、
いよいよ出てきた。Kenくんとの掛け合いの後、

「Very Best Of PIZZA OF DEATHに惜しくも漏れてしまった、
あの曲をやります!」

Kenくん大爆笑。自分は掛け合いのときから終始笑ってました。
浜田省吾詳しくないので曲は何なのかはわからないのだけど、
すぐにKenくんに蹴飛ばされ、退場。

最後に"Longing(A Quiet Time)"。

めっちゃ良かった。。。
今年最高のライブじゃない?と思った。
って、いつも言ってる気もするけど(笑)

帰り、物販にケンジレイザーズがいて、タオルを買おうか迷った。
Kenくんのライブ行く時って、タオルを何にしようか迷うんだよね。
ロッキンタオルでもいいんだけど、KEMURIタオルはちょっと違うかなぁ、
とか悩んだ挙句、この日はlocofrankタオルで参戦したのだけど。
なんとなーく、HAWAIIANタオルが多いような気もするけど。

そんなわけで、時刻は23:00近く。
終電乗り過ごした人もちらほらいたらしい。

ま、身体の異変で退場したのは残念だったけど、最後まで楽しめた。
やっぱりKenくんは最高だった。
好きな音楽を思う存分楽しめるという事は、本当に幸せだ。
特に身体に異変が起きた事で、それを強く思ったな。

何があっても、ライブはやめないんで。
全く懲りませんよ、俺は(笑)
Liveは生きるって意味もあるしね。
今週はdustboxだ!待っとけよ~渋谷AX!!!
[PR]
by ts-kj | 2007-11-12 00:47 | Ken Yokoyama

集大成。

どうもです。今日も短いエントリで。

今年は、チケ運がとっても良かった年でした。
どうしても行きたい!でも取れなかった・・・
っていうライブチケットが、友人や知り合いから
譲っていただけた。
Dragon Ashのツアーファイナル、
ROCK IN JAPAN FES.2007、
locofrankツアー、
KEMURI SKA/PUNK SHOW、などなど。

それと、元々行く予定は無かったけど、誘われたりとかもあった。
SET YOU FREEとか、この前の1997もだね。
そこでまた素晴らしい音楽に出会えた。

そんなチケ運の良い今年を表す
素晴らし~いチケットが手に入りました。
それは・・・


Ken Yokoyama
Third Time's A Charm Tour FINAL
@横浜 BAY HALL



ホント、嬉しい。。。涙モノです。
行けると思っていませんでした。

ちなみに、某ソーシャルなんちゃらの
個人売買トピックで、です。

やややー、ホントに観られるよ。
しかもファイナル。
今回のアルバムもめっちゃ良かったから、
どうしても行きたかったけど、先行・一般ともダメ。
でも諦めずに探してみて、良かった。

ハスキンのあの名曲もバンバンやってるらしい。
場所によってはアコギのアンコールもあったとか。

だけどちょっと風邪気味。
くっそーこんな時にぃぃぃ!
会社でめちゃめちゃ流行ってるんだよね。
とりあえず、現状より悪くならなきゃいいんだけどね。
日曜まででいいから、もってくれ~俺の体!

というわけでチケットを郵送して頂いたのだけど、
郵便局に取りに行く時間がありません。
いざ開けてみて「ハズレ」とか書いてたらどうしよ?
個人売買だから、けっこう怖い所もあるのだけど、
まぁKenくんのファンに限ってはそんな事はないでしょ。

今年のチケ運の集大成、ここにあり。
[PR]
by ts-kj | 2007-11-02 01:52 | Ken Yokoyama

DEAD AT BUDOKAN

ちょっと短いエントリーですいません。
みなさん、ケンヨコ武道館のチケットは取れましたでしょーか。
自分は運良く3枚取れたのですが・・・

e0038738_0513925.jpg


Bブロックが、2枚。
そしてFブロックが1枚。

ブロック分けって、どんな感じなのだろう?
と、思って調べてみたら、ありました。
武道館座席解説っていうサイト。
これを見ると、アリーナが全てスタンディングの場合、A~FまたはA~H
に分けるパターンが確認されているようです。
自分はBとFを持っているので、とりあえずFまであるのは確実だけど、
実際はどんな感じなんでしょーね。
今からドキドキです。

それにしても、1人2枚までという縛りのおかげで、友達1人だけF参戦に。
申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、スタンディング当てたんだからいっか。
予想ではBブロックはステージのすぐ前!!!
暴れ倒してやるーーー!!!
[PR]
by ts-kj | 2007-10-11 01:10 | Ken Yokoyama

9/5 KEN YOKOYAMA祭

行こうかどうか悩みつつ
行ってしまったケンヨコ祭り。
友達2人連れてって、
歌って踊って下北サイコーーー!

ひょんなところでこのイベントがあるのを知って、
前日に急遽友達を誘って、仕事終わりに3人で行ってみました。

まず、入り口の受付のコ(3人くらい?)が元気なさすぎ(笑)
お前らやる気ないやろー?とかちょっと思いつつ先へ進むと、
いきなりハイスタが爆音で流れてる。
「早速ハイスタ流れてんじゃん!!!」
と、扉を開けると・・・すごく狭いっ!そして人も20~30人。
PIZZA KIDSで溢れ返ってるだろう!という予想とはちょっと違う展開でした。

でも、ハイスタを爆音で聴ける機会はなかなかないもんね。
もはや、LIVEで楽しむ事は不可能だろうしね・・・。

DJは何人かいて、流れている音楽はKenくんを中心に、
Hi-STANDARD、HUSKING BEE、MASTERLOW、HAWAIIAN6、
locofrank、RAZORS EDGE、洋楽のハードコア系などなど。
あとたぶんdustboxとかELLEGARDENも流れてたと思います。
まぁとにかく、メロコア、パンク、ロック、系の音楽です(笑)

PIZZA OF DEATHのTシャツ着てる人がけっこういたけど、
LIVEほどの激しさは無く、ほどよく騒げるパーティーといった感じ。
それでもやっぱり、盛り上がる曲はあります。

まずはみなさんご存知の名曲
"STAY GOLD"(from Hi-STANDARD)

いきなりコレかかっちゃったら、脳ミソ飛んでしまいますよ。
アーーーイドーーンフォゲェーーーー♪
カタカナじゃ伝わらないな。
ずーっと歌ってしまった。

そしてこちらもみなさんご存知の名曲、
虹の下でモッシュを踊ろうぜ!
"MOSH UNDER THE RAINBOW"(from Hi-STANDARD)

小さなハコでしたが、10人くらいの
ちょっと小さなサークルモッシュができてました。
なんか微笑ましかったなー。
この曲を聴くと優しい気持ちになれるんです。

あと個人的に、MASTERLOWの"So Easy"が流れたのが良かった。
これまたずーっと歌ってた。カラオケでもたまに歌うんです。

すっごい暴れ倒した!
と、いう感じではなかったけど、楽しめました。
こういうイベント、パーティーも、なかなかオモロイ。
遊びの幅が広がった。
毎週水曜にやっているらしく、来週はザ・クロマニヨンズを中心に
ブルーハーツ、ハイロウズを流すらしい。
えー、これも行きたくなってきたぞ。

あ~~~ケンヨコのライブ行きたい!

そういえば、SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2007で、
ついにKen Yokoyamaさん、"WALK"を披露したそうです!

それを聞いたとき、心の中で悲鳴が・・・
「まじっすか~!行っときゃ良かった~~~!!!」って。

ちなみにWALKとは、HUSKING BEEの"GRIP"という
アルバムに入ってる、誰もが認める名曲。
HUSKING BEEの曲だけど、このアルバムのプロデューサーが、
何を隠そう、Ken Yokoyama大先生。
そんな縁があってかどうかはわからないけど、
今年出たハスキントリビュートの中で、KenくんはWALKをやった。

My Spaceのシークレットショウのときに、
さわりだけやってくれたんだよね。
んですぐに止めて、KIDSからブーブー。
「練習してないんだよ!」って事で納得はしたけれど、
さわりだけ聴いただけで、感動して泣きそうになったんだよね。
色々な思いが、その1曲にあるような気がしてならない。

どうしても聴きたい。
初台でもやるのかなぁ。
新曲もめっちゃ聴きたい。


でもまぁ、取れなかったチケットの事を言ってもしょうがないっ!


で、実は今日これからライブ行ってきます。
運良くチケットを譲っていただけることになったもんで!

locofrank TOUR 2007" KEEP DIGGING"
in 恵比寿LIQUIDROOM

台風直撃だけど、やれんのか?
そしてゲタオヤジとの再会は、あるのか?
初のlocofrankツアーライブ、楽しんできまっす!
[PR]
by ts-kj | 2007-09-06 13:59 | Ken Yokoyama

Third Time's A Charm

当然ながらフライングゲット。

e0038738_04407.jpg

Kenくんは、1曲目にいつもいい感じの曲を持ってくる。
"Why"かなりお気に入りです。
そして今回もあります、カバー曲。
"Daydream Believer"
言う事なし!Kenさん参りましたーーー!
もう少し聴き倒して、LIVEに備えなきゃ!
チケット1つも取れてないけど!(笑)

そうそう、購入された方はご存知だとは思いますが、
なんと、Kenくん、来年日本武道館でLIVEやるぞーーー!
うっそ~。めっちゃでかっ!
フェス以外では、史上最大級のステージでは?
絶対取るぞ。スタンディングゾーンで。

あ、そうそう。
Kenくん絡みでなんかおもしろそーなイベントを見つけました。

ROCKERS
【"Third Time's A Charm"発売記念 KEN YOKOYAMA祭】

9/5(水)(ってことは、今日だ!)、19:00~23:00。
場所は"下北沢Daisy Bar"。
片平実さん(ROCK IN JAPAN FESのDJでもおなじみです)が
KEN YOKOYAMA中心に、PIZZA OF DEATH、Hi-STANDARDなどなどの曲を
PLAYするのだそーだ。料金は、ナント1000円!やすっ!

めっちゃめちゃ楽しそ~!!!
もちろん本人は来ませんが、幸運にも6日休みなもんで、
遊びに行ってみようかなーとちょっと思ってます。
若干風邪気味なんだけど、
でもそんなの関係ねぇ~!
でもそんなの関係ねぇ~~!

150~200人くらいのハコだそうで、実際どれくらいの人が来るのか読めないけど
きっと土曜の初台まで待てないPIZZA KIDSが来るんだろーなぁ。

ぬーん、Live行きたい。。。
[PR]
by ts-kj | 2007-09-05 00:28 | Ken Yokoyama

プチ続報

Ken Yokoyamaのレコ発ツアー、
"Third Time's A Charm Tour"。
その初日、初台DOORS(9/8(土))のチケットの先行予約が
今日から始まってマス。

e+のプレオーダーっす。
というか、e+は一般発売が無いのね。
逆にチケットぴあとかは一般しかないのだ。
どちらにせよ初台DOORSというハコはキャパが小さいので、
ひじょ~~~に取りにくいと思われます。
当たってくれ。。。いや、ください。お願いします。

あと、e+で不思議なチケットを発見した。
と言ってもKenくんのツアーなのだけど、
11/4(日)の横浜 BAY HALLですよ。

SMASHやPIZZAのサイトを見ると
"8/11(土) On Sale"となっているのね。
ふむふむ。

だがしかーし。
e+を見てみると。。。

"7/21(土) 10:00 受付開始"

となっています。
あれ?って感じですよね。
公式でもアナウンスしていないのに・・・

というわけでKenファンの方々、気をつけてくださいな。

e+って「ぴあ」みたいに店頭に並ぶ作戦はできないから、
ホント運がないと難しいんよね。
ここでなんとか取って秋のLive生活も充実させたいっす。
[PR]
by ts-kj | 2007-07-18 23:50 | Ken Yokoyama