今年は、再びSTART TODAYするチャンスなんだ。そして人生はENDLESS TRIP!諦めたら、終わり。諦めずに生き続けたら、いいことあるぜ!


by ts-kj
カレンダー

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さてさて取り急ぎ!
RIJF2008アーティスト、60組強発表!

8/1(金)

175R
AIR
木村カエラ
GOOD 4 NOTHING
GO!GO!7188
ザ50回転ズ
サンボマスター
ジン
ストレイテナー
スネオヘアー
スパルタローカルズ
ズピッツ
TRICERATOPS
B-DASH
FoZZtone
ホフディラン
POLYSICS
UNISON SQUARE GARDEN
LUNKHEAD
RYUKYUDISKO

8/2(土)

asphalt frustration
ART-SCHOOL
UNCHAIN
エレファントカシマシ
8otto
キャプテンストライダム
筋肉少女帯
斎藤和義
SEAMO
頭脳警察
SOIL & "PIMP"SESSIONS
dustbox
tobaccojuice
チャットモンチー
椿屋四重奏
the telephones
PUFFY
the HANGOVERS
BIGMAMA
フジファブリック
BRAHMAN
bonobos
MARS EURYTHMICS
monobright

8/3(日)

APOGEE
奥田民生
おとぎ話
GRAPEVINE
GOING UNDER GROUND
シュノーケル
竹内電気

Dragon Ash
NICO Touches the Walls
Northern19
THE NOVEMBERS
髭(HiGE)
People In The Box
真心ブラザーズ
MO'SOME TONEBENDER
YOUR SONG IS GOOD
YO-KING
RIZE

んー、自分的には、ライジングに比べたら見劣りするなぁ・・・
いわゆる「大物」がまだ発表されてないもんね。
CDJ07/08みたいに、最後まで大物が出てこずに
「エルレーーー!ホルモンーーー!健さーーーんを出せ~~~!」
なんて事になっちゃったりして(笑)

とりあえず、初日はB-DASH観ようかな。CDJで観て楽しかったので。
2日目はdustboxはもちろんだけど、ブラフ!!!
ブラフもうちょっと勉強して、武道館以来のアツイステージ観たいな。
あとはUNCHAIN観てみようかなーとか思ってます。
そうそう、MARS EURYTHMICSがココにいるって事は・・・
過去をたどると、いっそんが出てる日にはほぼMASTERLOWが出てるんだよね。
いっそんといっちゃん仲イイから。第2弾で発表されるかな?されるといいな。

3日目は、やっぱり皆勤のDragon Ash!!!もち出るよね。
そして去年のCDJで観られなかったNorthern19を観たい!
ts-kj、何気に真心ブラザーズも好きなので、これも楽しみ。
YO-KING、頑張りすぎ!

そんなわけで取り急ぎ更新しました。
アツイ夏がやってくる!!!
[PR]
by ts-kj | 2008-04-17 00:54
3月10日にあったライブですね。
ts-kj、新宿ACB初進出です。
ACBはアシベと読むらしいよ。

実は、何気にHAWAIIANのツアーも初参戦。
しかも自分で取ってないっていう(^^;)
友達が並んで取ったらしいのだけど、勢い余って
たくさん取りすぎたそうで、1枚分けて頂きました。
やっぱり、持つべきものは、"音もだち"。

さてこの日のライブ。
実はts-kj、HAWAIIANよりも楽しみなバンドが対バンでして。。。


ドルパン!!!


Idol Punchですよ。
去年、SET YOU FREEのSUMMER FESで初めて観た時は、
「なんだこりゃ???何言ってるかわからんよ???」
という感じで距離を保って観ていたのですよ。
ギャーギャーうるさい!くらいにしか思えなかった。

そんなドルパンを見直した(聴き直した)のが、今年の2月。
"BLACK DIAMOND"という1番新しいアルバムを聴いてみたら、
いい感じの電撃が走った。

曲、メロディが、激しく秀逸なんですヨ。
インストなんか、めっちゃめちゃカッコイイ。
そんなカッコイイメロディに、RACCOさんのギャーギャー声が乗ると、
思いも寄らぬハーモニーが生まれるわけ!!!
まぁ、聴く人によっては雑音にしか聴こえないかもしれないけど・・・(笑)

んでもってちょっとフザけてるところもあるし、
あんな声出しながらも絵が上手かったり、
ハンバーガーにこだわりがあったりと、
実はRACCOさんは繊細な人なんだろうな、ってピンときてしまった。
全て自分の勝手な想像なんだけどね。

"NUDE SCRAP"も聴いたけど、やっぱり素晴らしかった。
ドルパン独特の激早いギターとベースとドラムが、スカッとする。
いいね~。自分の周りの人はあんまり理解してくれないのですが、
何か、遂にここまできちゃったな!という感があります。

そんなわけで激ハマり中のドルパンを観に、新宿ACBへやって来ました。

あれ?

違う?

まぁまぁまぁ。

最初はASPARAGUS。去年の「1997」以来です。
キラキラ~☆ワッショイワッショイ。
"MONT BLANC"という1番新しいアルバムはチェック済みだったのだけど、
あんまりピンときてなくて、"SILLY THING"は好きだけど
とりあえず大人観してました。。。
ASPARAGUSって大人しめなイメージがあるんだけど、
場所も狭いライブハウスだったし、客層もいわゆるPIZZA KIDSだからか、
ガンガンにモッシュが起きてたなぁ。

さて。ドリンクを貰って一気に飲み、い~よい~よ、ドルパン。

これまた「1997」以来なのだけど、
やっぱりパン一(パンツ一丁)の人が出てきた。
そして「脱ーげ!脱ーげ!脱ーげ!脱ーげ!」コール。
んでドルパン登場、パン一野郎のパンツがふわふわ~っと飛んできてスタート。
自分の前にいた人、そのパンツ握り締めてた☆

あんまり覚えてなくて申し訳ないのだけど、
"After 5 Shoot"か"Hakone-Riot"から始まったと思う。
その後Fruit Shop"cessna"とかやって、
そっからもう全然覚えてません(^^;)
とりあえず、始まったと同時にピットに飛び込んだのは覚えてる。
そして明らかに、半分以上の人が引いて見てた(笑)

MCもだいぶ忘れてしまいましたが、たしか、
「ASPARAGUSと潮干狩りに行く!」と言ってたなぁ。

RACCOさん、頭押さえながら声振り絞ってシャウツしてて。
絶対カッコイイと思うんだけどな~。
ああいう声でも、めちゃくちゃ真剣に歌ってるんよ。

今、自分が1番欲しいモノ。
それは、RACCOS BURGER Tシャツ。
今年中に絶対手に入れる!!!

最後は当然、HAWAIIAN6。

実は"RINGS"、あんまり聴いてませんでした。
HAWAIIAN6は、2003年頃が1番聴いてました。
あの頃が1番良かったように思ったり。

ちょうどあの頃って、健さんがプロデュースしてて、
ハイスタ直系のサウンド!とか言われてたような気がする。
もちろんハイスタも活動停止中だったし、
健さんもまだソロデビューする前だし、
BBQ CHICKENSはやってたけどハイスタとは全く別物だったし・・・
って事で、モンモンとしてた時期なんですよ。

そのモンモンした気持ちを、全てHAWAIIAN6にぶつけてた。
PIZZA所属で、健さんもプロデュースとなれば、
聴かない訳にはいかないでしょう。聴いたら、激しくて、エモいし。
近くのレコード屋には"ジャンル:渋コア"とか書いてあったな(笑)

と、随分と回想しすぎました。

"FANTASY"
"SOULS"
"ACROSS THE ENDING"

このあたりまでが、自分の守備範囲。
この日のライブでは、大好きな"EVER GREEN"も
"A PIECE OF STARDUST"もやってくれた。
このヘンの曲を聴くと、当時の色々な楽しかった思い出が重なり、
すっごくアガります。なんか、若かったなぁ・・・と。

えーと、MCね。
ユウタ、実は昔このACBでバイトしてたらしい。
この日も「モギリやれよ!」ってACBスタッフに言われたとか。
(モギリってのは、チケットをちぎって渡す人。)

あとは、HAWAIIAN6が初めてレコーディングをするという事で、
ACBの店長だかに連れられて、高円寺のなんとかってとこで
やったそうです。この記憶曖昧すぎ!!!(笑)
すっごくお世話になっていて、当時全然うまくいかなくて、
やっぱりレコーディングするには練習が必要だと痛感したそうな。
すっごく怒られたりもして、今でも頭が上がらないんだってさ。

この日のハタノさんのナイスなお言葉。

「この中で夢がある人はいますか。。。おい夢が無いヤツ!
夢を探す事が今の夢だって言っとけ!」

なかなかいい事言うよね。
ハタノさんって、思ってる事を包み隠さず言い放つんだよね。
ちょっと攻撃的だから、そんなノリが好きじゃないという人も
知り合いにいるんだけど、自分はそんなハタノ氏でいいと思います。

そういやトオルさん、ハタノさんにめちゃめちゃいじられてたなぁ。
環境問題について話せ!とか無茶ブリされてました。
アンコールのときも、出てくるタイミングが悪い!だって。
しっかしトオルさん、街で見かけてもHAWAIIANだとはわからないかも、
ってくらい一般人化してるよね(笑)
まぁそこがイイとこなのかもしれないけど。

そんなわけで、HAWAIIAN6も激アツなライブでした。
ACBって最前列の柵すらないので、前にセキュリティがいて
人手でダイバー押し返すんだよね。
あとは最前列にいる人が、実に可哀想(^^;)
後ろから押されまくりで、足がステージにギュウウゥゥって押し付けられて
尋常じゃないくらい痛くて辛そうだった。
ACBでは最前に行っちゃいけないです。これ教訓。

そうそう、この頃自分、咳喘息になりました。
前回のSNAILのライブの時点で咳がやばかったのだけど、
その後病院で診てもらった結果、喘息の疑いアリだって。
そんな中でのこの日のライブだったのだけど。。。全然関係なく暴れてたね。

回想も残るはラス1です。
とか言ってる間にまたライブ行ったので
やっぱりあと2回書きます。

そしてこの後、咳喘息がさらに悪化します。
乞うご期待!
[PR]
by ts-kj | 2008-04-16 02:30 | Idol Punch
これは、3月4日にありました。
場所はご存知、SHELTERです。
"DISCOVER"という、カバーミニアルバムをリリースしたのだけど、
そのリリース記念のワンマンライブでした。
と言いつつ、実はビミョーにワンマンじゃないんだけど(^^;)

このカバーミニアルバム、かなり秀逸です。
カバーってだいたいハズレが少ないんだけど、
(元が名曲だったりするので)
5曲とも素晴らし~いアレンジで。
特に2曲目の"99 RED BALLOONS"と3曲目の"FREEDOM"は
めちゃめちゃカッコイイ。

てなわけで、かなーり楽しみにしてたわけです。

SNAIL RAMPは、一時期すっごく人気があったのだけど、
ギターのAKIOが脱退して活動を休止して以来、
グググーーーっと知名度も落ちた感がある。
新しいギター・トオルが加入して活動再開してる事も、
もしかしたら未だに知らない人も多いのかも???

ま!でもね、そんなこんなでチケ取りやすくなったのだよ(笑)
最終的にはソールドして当日券も出なかったけど、
一般でも全然買えたんだよね。

さてさて、SHELTERです。
物販チラ見しつつ、最初はCHILD SCHOOL TV!!。
スカパンクだね。

いやー、彼らなかなかアツかったよ。
名前すら知らなかったんだけど、
めちゃめちゃテンションが高い!
メンバーもダイブしてくるし、MCもオモロイ。
アメリカに中指立てる彼ら、カッコイイな。

って感じでかなり気に入ったんだけど、大人観してました(笑)
輪に入らんかいぃ!

メンバーの1人が言った。

「バイト早退してきて良かった~!」

彼らも楽しかったようです。
ライブハウス限定のCD(500円で4曲入り)を売ってて、
最後の最後まで買おうかどうか考えた。
結局買わずに帰ってきちゃったけど、
また聴きたいなーーーとふと思う今日この頃です。

さぁさぁSNAIL。前回観たのは、たしかおととしの10月。
TV MONSTER TOUR FINAL以来です。
あの時はTAKEMURAさん、手を骨折していたにもかかわらず、
渾身のベースさばき&歌声を轟かせてくれた。

そして今回。
足を骨折していたにもかかわらず、
やっぱり渾身のベースさばき&歌声を披露。

なんで毎回骨折ってるんだ(笑)

TAKEMURAさんて、プロのキックボクサーなんです。
それでハードな練習してたら骨の1つや2つ・・・

そう折れはしないでしょ!!!
まぁたまたまだろな。
何はともあれそんな事にもめげず、ライブに手抜きは一切ナシ。
まずはスキャットマンのカバーからスタート!

・・・とここで回想にも限界が(^^;)
あんまり覚えてないので、ちょっとだけ。

ドラムのイシマルさんがスネイルに入ったとき、
実はサポートメンバーとして入ったらしい。
だがしかし。それからまだ正式にメンバーとして
入ってくれと言われていないのだそーだ。
永遠のサポート・ドラマー☆

あとイシマルさん、実は中卒だとカミングアウツ。
いや、TAKEMURAさんがカミングアウツ。

ていうかTAKEMURAさんのMC長い!(笑)
ホントよく喋るんだよねぇ。
健さんも喋るけど、負けないくらい喋るね。
オモロイから全然いいんだけど。

SNAILはアンコールはいつも1曲しかやらないのだけど、
この日は「お前ら欲張りだな!」と言いつつ
2回アンコールやってくれた。
自分も体調があまり良くない中、汗だくになってモッシュ。
クタクタになりながら近くのコインランドリーにとぼとぼ歩くts-kj。
この後体調が更に悪くなるのも知らずにねぇ・・・

なんかね、AKIOが抜けてトオルが入った当初って、「う~~~ん。」
とちょっと見劣りするような感じがあった新生SNAILだったのだけど、
なんだかこの日のライブを観て、もう全然そんな感情がなくなった。
たしかにAKIOは才能のあるミュージシャンだとは思うけど、
トオルもいい声してるし、完全にSNAILの一部としての存在感が
現れ始めたように感じました。

6月だったかな?またシェルターでライブあるらしいです。
あの空気の薄さとステージの近さ、病み付きになってきた(笑)

さ。回想はあと2回続きます!
[PR]
by ts-kj | 2008-04-08 01:25 | SNAIL RAMP
また回想ですね。2月2日にあったイベントです。
dustboxとCHANGE UPが観たくって、
というか友達がたまたま暇とわかって
急遽チケットかき集めて参戦したのがこのイベント、
"STRAIN OF JAPAN VOL.16"。

感想から先に言うと、まぁまぁでした(^^;)
すっごく長ーーーいイベントで、途中間延びしちゃって、
自分的にちょっとぐだぐだな感はあったのだけど、
そこそこ楽しめました。

メンツはコチラ。

CHANGE UP
RIDDLE
ハカイハヤブサ
MINOR LEAGUE
T.C.L
Pay money To my Pain
dustbox

16:00から始まって、終わったのが・・・22:00くらいかな。
長丁場でしょ。ライブだけのイベントではなく、
ご飯食べたり、タトゥー屋見たり、っていう感じの
軽いフェス感覚なイベントでした。

最初がCHANGE UPで、最後がdustbox。
この2つを目当てで行った自分としては・・・
そりゃー、間延びしちゃうよね(^^;)

転換DJ(楽器のチューニング時に音楽を流すDJ)
がいて、レゲエ?かHIPHOP?っぽい音楽を流すんだけど、
これがけっこー長くって、音もデカイし、耳も休まらず。
あと途中、女性セクシーダンサー(でも友近似)が登場し
チュッパチャップスをばら撒いたり、クネクネと踊ったり。
ちょっといつも行ってるライブとは雰囲気が違ったな~。

でも何はともあれCHANGE UPもdustも良かった。
CHANGE UPは、12月のKEMURI@新木場のときと
だいたい同じ曲をやったかな。

初っ端だった事もあり、客があまりノリきれてなくて、
「アレ?パーティーしに来たんじゃないんですかぁ???」
って、ヴォーカルに言われちゃって(笑)
「前から5列目以降の人どうもありがとう!」だって。
というのも、最前~4列目くらいの客が、微動だにしないんだよね。
ホント、何でピットで棒立ちなんだ!!!って感じで。
まぁゆっくり観たい人もいるだろうけど、
ステージ上には外人に仮装したハイテンションな人達、
その下には棒立ちの客がぞろり、というちょっと不思議な光景だった。

でもその5列目以降の客は、スカダンスしたり、サークル作ったりと
いい感じに暴れ回ってて、自分もその輪に入って楽しみました。
サークルで将棋倒しにドドドーーーっと倒れちゃったりして、救出もしたり。
Can't take my eyes off of youもカバーしてるんだけど、
管が入るとまた違った雰囲気になるよね。
健さんのやるカバーとも違って。

dustboxも、相変わらず激しい。
ガンガン煽るよねぇ、彼ら。
実はdustが初めてデモテープを持っていったのが、
このRUDIE'Sだったそうです。
自分は未だにこのRUDIE'Sが何者なのか
全くわかってないんだけど、
dustは昔からお世話になってるようで。

そういやRIDDLEのとき、自分はちょうど関係者席のすぐ横で
大人観してたのだけど、いきなりドラムのREIJIが
関係者席に現れて。。。ノーリノリで観てた。
あの人近くで見たら、相~当~カッコイイよ。
得体の知れないオーラ出てたもん。

Right Nowとか、Bitter Sweetとか、Daisyもやったかな。
自分的にはBitter Sweetが聴けて良かった。
何かいつも言ってる気がするけど(^^;)
激しい曲ではないんだけれど、最初のイントロの「ヴーーーーーン」
ていう音がたまらなく好きなんす。

dustのライブも、ハズレがないね。
だいたい今まで行ったライブでは好きな曲やってくれるし、
なーんか今日は雰囲気が違うぞ、てな事がない。
6月の赤坂BLITZワンマンも、行きますよー。
奇跡のチケ4枚取りに成功したので(フッフッフ)。
たぶんまた余らすだろうな(笑)

というわけでたいしたレポも書けず、
ただ行きましたっていう事実をblogに残すだけの
しょうもない記事でしたがご勘弁を。

ちょっとずつこんな回想レポも書いていこうと思います!
[PR]
by ts-kj | 2008-04-06 00:57
行ってきました、激アツなあの人のライブに・・・


Ken Yokoyama "Going South Tour" FINAL!!!


新しくなった赤坂BLITZで、新生KEN BANDを観よう!!!
って事で、2月3月のいろんなライブレポをすっ飛ばして
昨日の健さんのライブレポを速報気味に書いてみようと思います。

e0038738_18193974.jpg

なんで先行も一般もハズレたのにチケットあんの?
という話は置いといて・・・ぬふふ。

まずはじゃぁ、赤坂BLITZについて書きます。
2008年3月に、リニューアルオープンしました。
そのこけら落としはKREVAがやったらしいのだけど、
オープニングシリーズと銘打って、いろんなアーティストが出ています。
で、その1人が、Ken Yokoyama。
もちろん、"Going South Tour"のFINALでもあるんだけど。

一歩建物に入ると、まず新築の匂いがした(笑)
できたばっかり!ってのがすぐわかる綺麗さ。
床とかピッカピカだったし。

コインロッカーは、中にたーーーくさんあります。
HPによると、630個だって。多いな~。
キャパも1147人だから、2人で1個使っても余るね。
これから行かれる方も、ロッカーについては安心していいと思いますよ。

ホールですが、天井が高いな~~~と感じた。
最近狭いハコばっかり行ってたもんで
余計に感じたのかもしれないけれど、
んー、なんていうか、熱が上空に逃げていく感じです。

あと、真ん中にバーがあったな。
自分あのバー、嫌いです。。。
ダイブに使われるし(バーダイブは勢い良く飛んでくるのでちと痛いっす)、
あとは何よりスペースを区切ってしまうので
バーの内側に人がどんどん入ってきて、
ありえないくらい密集度が増すんですよ・・・
将棋倒し防止なんだろうけど、やっぱり好きじゃな~い。

ま、そんな事は言いつつも、赤坂BLITZ、そんな悪くはないです。
んー、クラブチッタ川崎に似たイメージかな!

さぁ次は物販(Tシャツ)。武道館の教訓は生かされたのか???
という事で今回は、1人1回1枚までという制限付きでした。
後ろのほうまで並んでる人達にも行き渡らせたい、って事なんだろうな。
ただし、1度買ってももう1回並べば、また買えます。
これはスタッフがアナウンスしてたから、問題無い行為。

今回、整理番号がとっても良かったので、物販はあっさり買えた。
訳あって2枚欲しかったので、2回並んだのだけど、
それでも開場後15分くらいで2枚ともGETできました。
アイテムがTシャツのみ(色も白とベージュの2種類のみ)だったからか、
回転めちゃめちゃ早かったな~。

e0038738_18223144.jpg

対バンは、NO HITTER。
札幌のバンドだそうで、自分は全く聴いた事無かったんだけど
なっかなか激しくて、いい感じのパンクバンド。
途中、大量のうまい棒をばら撒きます(今日は500本だったそうな)。
んでヴォーカルくんが「ムカツクヤツに投げつけろ!!!」と言うと
一斉にステージに向かってみんな投げ始めます(笑)
お前ら投げたいだけやろーーー!自分も投げたかったけど(^^;)
面白かった。でも、音楽的にはハマりそうな感じでは無かったかな。

さぁ次は健さん。
おなじみの風太くんのぬいぐるみと虎のぬいぐるみがセットされ、
いつものSEで登場。。。南さんを引き連れて!!!

健さんは「一夜限り暴動」のときのBODOTシャツ、
サージはMySpaceシークレットショーのTシャツ、
ガンちゃんは見てなかったので不明。
そして南さんは、グレーの無地のTシャツにキャップで登場。

ちなみに自分は武道館ピンクTにKEMURIタオルでした。

この日は、元KEMURIのメンバーが全員来てたそうです。
(南さんがMCのとき言ってました。)
途中、客席にいた津田さんが南さんに何かを叫んでいたり。
それ以外のメンバーは目撃しなかったのだけど、
なんだかKEMURIって、解散後も今日みたいに普通にみんな集まってるし、
仲良しっていうか、運命共同体っていうか、いい雰囲気ですよね。

南さんのギターがKEN BANDとどう融合するのだろう???
と期待して南さん側で観てたのだけど、
いやーーー、違和感ゼロでした。最初の曲から馴染んでた。
何の問題も無いね!って思ったモン。
まだまだ演奏できる曲数も少ないのだろうけれど、
どんどん覚えてリクエストに応えられるくらいになってほしい!
南さんの加入で、KEN BANDはもう1段パワーアップする気がします。

そんな南さんは健さんに話し掛けるとき、敬語になってしまう。
健さんは「ライブ中は敬語禁止!!!」と言ってたけど、
南さんはまだ慣れないのか、ちょくちょく敬語でお話。
「・・・なんですよ。あ、~なんだよ。」なんて言い直してた。
なんか人柄が出てるよね。健さんのほうが年上なんだって。
「先輩への言葉遣いで、昔よく津田さんに怒られたんで・・・。」
みたいな言い訳してた(笑)

あとね、この日は健さんがめちゃめちゃシビれた事をした。
どこかのMCのとき、2階席にパンク親子がいて、
1歳か2歳くらいのお子さんが「ぎゃ~」と可愛く鳴いたの。
みんな一斉に見たら、そのこ可愛い帽子を被ってて。
んでみんなでまたoioi言ってたら、その子帽子を1階に落としちゃった。

下にいたKIDSが、すぐさま2階に投げ返して、パパがキャッチ。
みんなで「おぉ~~~!」と拍手。

そしてすぐさま健さんが、

「おいお前、このピックやるよ!」

ヒュルルルル~~~~~。

手に持ってたピックを手裏剣のように飛ばし、KIDSが受け取った。
これ、マジでカッコ良かった~。
同じ子を持つ親として、健さんも嬉しかったんだろうな。

新曲"Going South"もやった。
チャカチャカとスカっぽさが入った曲。
南さん加入スペシャルですね。音源になるのかな。

健さん、南さんに対して、「あのー、、、やめないでね!」
・・・って健さん!Colinクビにしたの自分でしょーが(笑)
と心の中でツッコミを入れてみたり。
いや、ホント、南さんは辞めないでください。

南さん喋ってーーー!とKIDSに言われ、
「この中でKEMURIって何?って人どのくらいいる?」と質問したり。
そんなにいなかったけどね。そりゃ知ってるでしょ。
KEMURITシャツの人もちょくちょく見かけたし。
あと、"Ato-Ichinen"やって!とも言われたけど、
健さん、「その曲、名前しか知らないし、
やってもお金入ってこないからやんない(笑)」だって(^^;)

KEMURIの曲は、KEN BANDではやらないでほしいな。
HUSKING BEEとか洋楽のカバーとは、また色合いが違うっていうか。
元メンバーもいるんだし、KEN BANDではKEMURIカラーはなるべく出さないほうがイイ。

とまぁ、そんなこんなで密度の濃い~ぃライブでした。
アンコールが終わり、今や恒例となったアコギアンコールへ。
この日のライブ始まる前から、ステージ横で
アコギのチューニングしてたの見えたから、
間違いなくやるだろうな~とは思ってたわけで。

1人で出てきた健さん。いつになく真剣な顔。
にやけ面の貴公子"健様"はどこへやら。

って、いつも真剣なんだろうけど、ちょっといつもと雰囲気が違ったのよ。

「今日は時間があまり無いんだけど、どうしてもやりたい事があるんだ。」

そう言って、チベットの事について話し始めた。
今現在、チベットで何が起きていて、誰が良くて誰が悪いのかは
わからないし、むやみに中国を批判する気も無い。
でも、事実について、歌いたい。

健さんはハイスタ時代の1999年、
第4回チベタン・フリーダム・コンサート(東京)に参加しています。
ダライ・ラマ14世とも接見した事もあり(本人談)、
チベットについては以前から色々と考えを持っているんです。

"Handsome Johnny"の曲に乗せて、今チベットで起きている事実を歌った。
タイトルは、「ダライ・ラマ14世の握力はすごかった」

歌詞は、これだけ。

「中国のクソ兵隊が、チベットの僧侶の頭を銃で撃ち抜いている。」

この事実をどう捉えるかは自分達次第で、
良いも悪いも自分で判断してくれ、
という、健さんからのメッセージでした。
俺の言ってる事が正しいと思えば、みんなに伝えてほしいし、
そう思わなければ今すぐここから立ち去っても構わない、と。

みなさんはどう思われますか?

自分なりに解釈したこのメッセージだけど、
これは、健さんは事実だけをメッセージにした事に意味がある気がする。
チベットという地域で、実際にはどういう事が原因で紛争なり衝突なりが
起きているのかを、自分で調べて考えて欲しい、という事だと思うのね。
そして、何の罪もないであろう人間に対し、危害を加えた事。
みなさんも、自分で調べて、自分で考えてみませんか?
別に、誰かに説明する必要もないし、考えるという事実が重要なのだ、
と自分は感じています。

健さんは、コラムでもそうだけど、いつもこういう考えるキッカケを
与えてくれます。音楽からちょっと離れた部分での人間っぽさが、
また健さんの魅力でもあり、かっこよさでもあるなぁと。
つくづく思うんですよ。だから好きなんだよなぁ。

さてさて続いては、"Longing"。
Apple Storeのアコギライブを思い出す。。。

そして最後は"Father's Arms"。
「俺は自分の家族が誰かに危害を加えられたら、絶対そいつを殺すね。」
と真顔で言った後、「なんだかさっきの話と矛盾してるけど(笑)」
と話す健さん。いーや、それでいいんじゃん。
それだけ家族を愛しているって事だし、全力で守ってるんだよ、
っていうのが伝わったし。前の話とは別でいいと思う。

「俺もそんな親父になるぞー!」と心で叫び、会場を後にしました。

5月か6月にも、また東京でライブやるそうです。
チケット取れるといいなー。SMASHだといいんだけど・・・

というわけで、久々にまともなライブレポ書いてみました。
この日も激アツだったモッシュピット!何回頭蹴られたんだ!!!
そして遂に靴が壊れたts-kj。次回、健VANS投入なるか!?

e0038738_18353945.jpg

[PR]
by ts-kj | 2008-04-05 18:36 | Ken Yokoyama